SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

個人事業トータルサポート

自分らしさを生かして個人での起業、既存事業者の新規事業立ち上げから運営まで、
漠然としている思いを実現に向けてトータルにサポートします。
開業資金
0
    資金0でも開業なんてのをたまに見かけますが、本当にそんなことあるのでしょうか?
    構想(調査)段階だって、セミナーや講習に行けばお金がかかりますし、それに付随する
    交通費だってかかります。その他にも書籍代だってばかになりません。
    ネットでならただで…という意見もありますが、確かに自力でかつ無料サイトを活用
    すれば安価にはなりますが、まったくコストがかからないかというとそんなことは
    ありません。

    ○まずは自己資金チェック

    個人事業を始めるにあたり、今現在いくら自己資金を用意できるかを正確に
    認識しておかなければなりません。
    どうしても足りない場合には、借り入れ手段を考えなければなりませんが、
    最初のうちはできるだけリスクは抑えたいものです。
    預貯金や、現在の収入から生活費等を差し引いた自由になるお金など。

    ○チェックシートを作成する

    開業時にどのくらいの資金が必要かを考える上では、やはり項目をたてて
    チェックシートなどを作成したほうがわかりやすいです。

    チェック項目例
    (1)インフラ整備
    −不動産賃貸料:事務所を借りるなどの場合
    敷金、礼金、初月の家賃、その他手数料などの項目
    −設備 :厨房設備などを用意する場合
    厨房用機械、電気・空調設備、内装工事などの項目
    −備品 :事務処理などに使用するもの
    各種什器、机、椅子、電話、パソコンなどの項目

    (2)その他の準備費用
    −手続き費用 :役所などへの許認可が必要な場合
    許認可申請登録費用、代行を頼む場合の報酬などの項目
    −広告費用 :初期の広告をするなどの場合
    名刺、名入り封筒、チラシ代、HP費用などの項目
    −保険等費用 :リスクを回避する手段を確保しておきたいなどの場合
    取引保証料、損害保険料などの項目

    (3)商品などの仕入れ代金
    −商品、原材料などの仕入れ代金
    初期段階では、当然売上はないので、2、3ヶ月分で考えます。

    (4)運転資金
    −各種公共料金、通信費、交通費、書籍代、セミナー費用など
    少なくとも半年分程度で考えておいたほうがいいです。
    借入金がある場合には、その返済金額も含める必要があります。

    チェックシートを作成し実際に金額を埋めると、先に算出した自己資金との
    比較が容易になり、費用削減をしなければならない場合は、各項目ごとに
    可否を判断できるようになります。

    注意点としては、これらの項目は、個人事業であっても副業的に行うか
    専業か、あるいは実店舗なのか、ネット上のお店なのか等々の要因で
    項目は違ってきます。
    実際に準備をはじめると予期せぬ出費に迫られる場合も十分にあります
    ので、ある程度各項目に余裕を持たせるか、予備費の項目を設けておく
    などの工夫が必要になります。

    次回は、「開業資金の調達」です。
    | 起業 | 01:33 | comments(0) | - | - | - |
    個人事業開業手続
    0
      まずは、個人事業と法人での事業の違いをもう一度簡単に整理してみます。

      個人事業では、
      ・取引先や銀行などの対外的信用度が法人と比較して低い傾向がある
      ・事業内容や業種の変更を自由に行える
      ・法律的には事業を引き継げない
      ・開業手続が簡易

      これに対して法人での事業は、
      ・取引先や銀行などの対外的信用度が高い
      ・出資者、経営者の変更で事業継続に影響が出ない
      ・設立、運営で各法律に基づく手続きが煩雑になる

      というような特徴があります。

      ○個人事業の開業手続に必要な書類

      あたりまえですが、個人事業をはじめる場合その個人は「個人事業主」となります。
      法人として事業を開始しようとする場合には、会社の設立手続、設立登記などの煩雑な手続きになりますが、個人事業の開始にあたってはそこまで面倒な手続きは必要ありません(許認可必要業種は除きます)。

      (1)個人事業の開廃業等届出
      納税地を所轄する税務署長に提出します。
      事業の開始等の事実があった日から1ヶ月以内に提出です。

      ※この開業届を出さなくとも個人事業ははじめられます。
      この届出は、あくまでも国や自治体へ事業開始を知らせる手続きです。
      ただ、結局は確定申告の時に事業所得があれば個人事業主の
      ことになります。
      但し、青色申告を希望する場合には、承認申請手続と同時に
      この開業届の提出が必要となります。

      ※「都道府県税事務所」への「個人事業開始申告書」も提出する
      ことになっていますが、実際上は、確定申告後に事業税が
      発生した場合に自動的に送付されるようです。

      (2)所得税の青色申告承認申請書
      納税地を所轄する税務署長に提出します。
      開業日から2ヵ月以内に提出です(1月1日〜1月15日までに開業した
      場合は、その年の3月15日までになります)。

      ※家族を専従者として給与を支払う場合、所定の要件を満たしていれば、
      「青色専従者給与に関する届出書」
      を提出して、家族への給与を全額必要経費とすることもできます。
      ただしその家族が扶養から外れるため、所得控除が無くなります。
      給与の金額と所得控除の金額を比較検討した上で、決める必要が
      あります。

      ※青色申告するメリットは、一般に節税対策といわれて言います
      (所得の控除)。
      個人事業主には簡易帳簿での記帳も認められていますが、
      後々のことを考えると複式帳簿での記帳を選択したほうが
      いいと思います。
      今は、会計ソフトも多数出回ってますし、お試し版などで
      試してから自分にあったものを選ぶのも可能です。

      (3)給与支払事務所等の開設の届出書
      給与支払事務所等の所在地を所轄する税務署長に提出します。
      開業、事務所の開設があった日から1ヵ月以内に提出です。
      ※もちろん、給与を支払う従業員がいない場合には届出の必要は
      ありません。
      ※常時5人以上の従業員がいる場合は、
      「社会保険(健康保険、厚生年金)」への加入義務が発生します。
      公共職業安定所、労働基準監督署、社会保険事務所で所定の
      手続きが必要です。

      ○その他の留意点

      個人事業をはじめるにあたって、会社を辞めた場合には国民健康保険への
      変更手続や国民年金への変更手続が必要になります。

      これらの手続きは簡単なようでもきちんと理解するようにしましょう。
      今後、個人事業を行っていくうえでは、あまりとらわれすぎても
      いけませんが、税金の話などの役所への対応も避けては通れません。
      ただ、これらは市販の書籍にも詳しいものがたくさんありますし、
      詳しい人が身近にいれば聞いてしまったほうが早い部分でもあります。

      次回は、「開業資金」です。
      | 起業 | 09:30 | comments(0) | - | - | - |
      ほんとに大丈夫?許認可要否チェック
      0
        個人事業(実際上は法人・個人を問わず)を行う上で、その事業自体
        または関連した行為に対して、 行政からの許認可が必要になることが
        多くあります。
        逆に言いますと、行政からの許認可がなければ事業を開始/継続できない
        場合があります。

        ○許認可例

        届出先、業種(行為)、許認可種別、根拠法規を把握しておく必要が
        あります。

        (例1)自宅を改造して喫茶店を開きたい。
          −届出先  :管轄保健所
          −業種(行為):飲食店,喫茶店営業
          −許認可種別:許可(許可権者は都道府県知事)
          −根拠法規 :食品衛生法

        (例2)自宅で金券ショップを開きたい。
          −届出先  :管轄警察署
          −業種(行為):古物商
          −許認可種別:許可(許可権者は都道府県公安委員会)
          −根拠法規 :古物営業法

          ただ、単に許可をとればいいのではなく、(例1)では設備図面の
        用意や食品衛生責任者の資格取得用に講習会を受講するなどの
        派生事項もでてきます。
          許可自体も人的物的両面で厳密な許可基準が定められており、
        しかも都道府県により基準が若干違うケースもあります。

        ○許認可とスケジュールの関係

        開業予定日と許可を受けるまでの日数の関係も考慮しなければなりません。

        例えば、喫茶店をはじめようとして貸店舗で営業をしようとする場合、
        賃貸借契約と、営業開始日(許可取得日)の関係等をうまく考えないと
        無駄な経費が発生してしてしまう恐れがあります。
        自宅ではじめる場合でも、広告の作成日数や什器、備品などの
        購入などと密接に関わってきます。

        許可申請日や許可予定日は作成したスケジュールに明確に記載
        しておく必要があります。

        ○その他留意点

        ・大丈夫だろうとはじめてみたら、許認可が必要で違法状態で営業
        しているというのことは避けなければなりません。
         許認可条件の詳細は事案(業種、業態、規模等)により異なります。
        必ず事前に専門家等に相談したほうがベターです。

        ・いわゆるオークションサイトを利用した商売であっても一定規模に
        達すると業者として扱われることもあります。

        ・個人で許可を取得していても法人化した場合には取り直しという
        ケースもありますので注意が必要です。

        ・許認可とは直接関係ありませんが、各業界の任意団体というのも
        存在します。もちろん、加盟の有利不利というのは一概には
        言えませんが調査対象としなければなりません。

        許認可には、いわゆるお墨付きというメリットもあります。
        自分はきちんと許可をとって営業してますよ、とホームページや
        広告などの上で表示できることは、お客様に安心して商品(サービス)を
        購入していただくことにつながります。

        次回は、「個人事業開業手続」です。
        | 起業 | 07:24 | comments(0) | - | - | - |
        開業準備編(2):事業計画書を作成してみる。
        0
          事業計画書というと大変なものを思い浮かべてしまいますが
          (もちろんこれも嘘ではありません)、ここではこれまでの
          構想編の話のなかでご自分で考えた
          ことやメモ書きしたことを整理する作業という考え方でいいと思います。

          ○事業計画書作成の効果と目的

          内部向けと外部向け
          事業計画書は読む相手によって目的の比重が異なってくるといえます。
          理想を言えば、効率化を考えてマスターの事業計画書を作成し、
          各目的に応じて詳細化やダイジェスト化するのがベターです。
          そのためにも計画書作成の目的を整理しておく必要があります。

          まずは、作成者自身(内部向け)の作成目的です。
          ・現在の経営環境の分析・評価を客観的に行うため
          ・不足の事態への迅速な対処を可能にするため
          ・計画自体の論理性、妥当性を検証するため
          ・事業の軌道修正をすることの容易性確保のため
          などが、目的として考えられると思います。

          これらの目的は、外部向け(金融機関への融資申し込み等)にも
          共通しますので、これをもとに必要であれば金融機関に提出用の
          ものに仕上げていくわけです。

          ただ、いきなり作るのは難しいです。まずは、簡単なものを
          作成してみるつもり
          (たたき台)で。当初は穴あきでもかまわないです。

          ○事業計画に必要な基本項目のチェック項目例

          目的と効果を理解したうえで、作成に必要な基本項目を抽出します。
          以下はその例です。これらを表などにして書き出します。

           ・プロフィール
            −事業名
            −事業計画書の目的
            −事業展開の背景
            −個人の(会社)概要
           ・事業コンセプト
            −事業コンセプト
            −ターゲット顧客層
            −顧客の想定ニーズ
            −事業者独自能力
            −補足説明
           ・事業環境の分析
            −市場環境
            −技術革新
            −競合環境
            −知的財産権の保有状況
            −資格・免許保有状況
           ・マーケティング計画
            −製品・サービス概要
            −製品・サービスの利便性
            −価格設定
            −販売形態
            −営業方法

          これらが出揃ったら、事業計画書の作成に着手します。
          …ただひとつひとつの項目を埋めるのも大変です。
          例えば、市場環境なんて言ってもどう調べるかというところですが、
          当初はここは仮定の話ですすめてしまってかまわないです。
          見込顧客数や顧客単価の組み合わせで仮定してみるというような手です。
          競合環境なども同種の事業内容でキーワード検索し、検索数で判断して
          みるというような手も使えます。

          事業計画書の実際の作成にあたっては、第三者が見ることを前提に
          (自分自身が後で確認する際にも)、分かりやすい構成にしなければ
          なりません。
          もちろん、今後進めていく上で見直し作業も随時行うことになりますし。

          事業計画には収支計画も記載事項としてでてきます。これについては
          いずれ事業資金のときにも触れますが、事業計画書作成の本などは
          書店に行けばたくさん出ています。
          ★もちろん、当事務所でもサポート可能です。

          次回は、「許認可要否チェック」です。
          | 起業 | 23:07 | comments(0) | - | - | - |
          開業までのスケジュール
          0
            今回から開業準備編です。
            構想を具体化するためにはどれから手をつけていいかとというところですが、
            まずはスケジュール作成からがおすすめです。

            ○ガントチャート

            一般に、工程管理などではガントチャートが使用されることも多いです。
            ただ、個人事業でスケジュール管理を行うのにガントチャートを
            使用する場合本来の意味や使用法は詳しく知る必要はありません。
            ガントチャート的なスケジュールで考える必要があるということですので。

            まずは、項目の洗い出しです。

            簡単にテキスト形式で書きますと以下のような感じです。

            ------------------------------------------------------------
                       2月   3月   4月
            事業計画書作成   |――――|
            ホームページ作成       |――――|
            商品選定      |――――|
            広告・宣伝               |――――|
                                    開業日
            ------------------------------------------------------------
            (等幅フォントでご覧ください)

            イベント(ホームページ公開日や開業日など)も記載しておくように
            しておきます。
            こうしておくと、並行に線を数本引いたような場合は並行作業ですし、
            作業量の多寡によるスケジュール感がつかみやすくなります。

            これらを、ソフト等で作成します。もちろん、ソフトを使えなくとも
            紙に書いたものでもOKです。

            ○ソフト紹介

            Excelが使用できればフリーソフトで以下のようなものも活用できます。
            http://www.geocities.jp/elie_world/available_software/elie_schedule_ver1_0_0/
            http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se282986.html

            ○ポイント

            作業をすすめていく上で、何らかの事象によりスケジュールどおり
            行かなくなることがあります。新たに作業が発生する場合もあります。
            その際にはスケジュールを変更(リスケジュール)する必要がでてきますが、
            あまり複雑にしてしまっているとかえって混乱してしまうので、なるべく
            すぐに対応できるように簡潔にしておくのがポイントです。
            自分がいまどこの作業を行っているのかが明確になっているのが
            ベストです。

            次回は、「事業計画書を作成してみる。」です。
            | 起業 | 09:57 | comments(0) | - | - | - |
            構想と開業準備の違い
            0
              開業準備に構想は含まれると考えることができますが、ここでは
              個人事業のビジョンを明確にするのが構想であり、そのビジョンを
              もとに具体的なスケジュールを立てて進めていくのが開業準備と
              考えます。
              端的に言えば、構想には時間的制約がなく、開業準備に入ると
              時間的制約がでてくるというところでしょうか。

              ○構想から開業準備へ

              構想をすすめていくと、自分が何をすべきなのか、何が足らないのか
              何を勉強しなくてはいけないのかが、おおまかに見えてくると思います。

              足らない部分を補ってから準備に入らなければいけないと
              言っているわけではありません。
              それも開業スケジュールに組み込む必要があるということです。
              もちろん、構想段階でもう少し勉強してというのも選択肢としては
              あります。

              これらを整理し、同意を求めなければならない人(家族など)の了解を
              とった上で、開業準備に入らないと準備段階で不測の事態に陥る
              危険性が高くなります。
              もちろん、周到に準備していてもトラブルはあるかもしれませんが、
              少なくとも何か契約したあとに家族の大反対にあうなどという
              トラブルは避けることができます。

              ○自分の性格も考えて

              開業準備に入る際、自分の性格を客観的に分析して判断する必要が
              あります。
              例えば、
              ・何事もすべて準備しなければ先にすすめない
              ・追い込まれないと動かない
              ・普段から少しずつコツコツと作業するほう
              ・とにかく突っ走る
              などです。

              熱意をもって個人事業をはじめると決意されていても、一度冷静な
              判断は必要です。

              自分の性格上、今突っ走ると大変な状況になると思えば、
              開業準備には時期尚早という判断もできます。
              追い込まれないと動かないという場合には、なるべく
              タイトなスケジュールを組んで開業準備に突入してしまうという
              判断もできます。

              個人事業の場合には、他の人のペースに合わせる度合いが
              非常に少ないというメリットがあります。
              ただ、これは裏を返すといくらでも先延ばしできる
              (悪く言えば、さぼれる)わけです。
              その自由さを生かすも殺すも自分次第ですので、一度冷静な判断が
              必要なのです。

              ○コストも当然かかってくる

              構想段階ではあまり費用はかかりませんが、開業準備になれば
              それなりに費用がかかってきます。
              この点をクリア(暫定でも初期の予算を決めておく)しておかないと
              いきなり行き詰まってしまう場合もあります。

              ・冷静な判断をしたか。
              ・周囲の理解は得られているか。
              ・自分自身で現時点でいくらの現金を用意できるか。

              ひとまず、構想編は今回で終わりです。
              ただ、構想はその時々の状況によっても変わりますので、
              1回りしましたらもう一度記載する予定です。

              次回は、「開業準備編:開業までのスケジュール」です。
              | 起業 | 18:24 | comments(0) | - | - | - |
              IT化って?
              0
                個人事業でIT化というと、パソコンの活用、ホームページ作成
                などが頭に浮かびます。いずれにしても個人事業では現在必須と
                言っていいです。
                パソコンの活用といっても広くなりますが要するに、業務の効率化
                と売上向上に役立てるということになると思います。
                方法論ではなく、目的からはいるのが本当のIT化の意味と考えます。

                ○まずは自分の環境を確認しましょう。

                まず、目的以前にご自分のいま持っているパソコンの環境は
                把握していますか?
                −ディスク容量
                −インターネット環境(通信速度等も)
                −ワープロ、表計算、PDF読み込みなどのソフト
                −ウイルスチェックソフト

                ディスク容量については、最近のパソコンであれば十分に
                用意されていることと思います。インターネット環境については、
                なるべく高速なものに切り替える必要があります。
                ワープロ、表計算、PDF読み込みソフトは、最低限必須です。
                ウイルスチェックソフトについては、最新版のものを
                用意しなければなりません。

                ○業務の効率化

                いままでの自分であったら紙をつかってやるような業務を
                パソコン上で行うことで業務の効率化を図ります。

                日々の売上や経費管理などを表計算ソフトを使用すると
                面倒な計算や計算間違いを防ぐことができます。
                また、ワープロなどで文章を使いまわすこともできます
                (手書きだと大変な手間です)。

                注意点は、例えば単に表計算ソフトを利用したからといって、
                必ずしも効率化につながるとは限らないことです。
                あくまでも自分にあった使い勝手にしなければ
                意味がないです(結局は電卓を使っているなど…)。

                その他、顧客管理ツールとかスケジュール管理ツールとか、
                メールやFAXと連動しているものもありますので活用すれば
                効率化につながります。

                ○売上向上

                個人事業ですから、一人で何役もこなさなくてはならない場合が
                でてきます。
                もちろん、それを続ければ体が持ちません^^;
                そんな中で売上向上を図るためには自動化できる部分は自動化
                してしまう必要がでてきます。

                ホームページはその一つの形態です(自動で営業してくれる)。
                これは、業務の効率化にもつながる部分です(ほっといても
                24時間営業ですので)。
                注文を受けて確認メールも自動返信などにしておけば
                それだけでも助かります。
                最初にもふれましたが、売上向上に余計な手間はなるべく
                かけたくないという目的(発想)から、これらの自動化に
                行き着くのが本来です。

                自前では難しい場合には外注という手もあります。
                ただ、その際にもこういう目的で自動化できないかということで
                業者と打ち合わせれば、自分の希望に近いホームページになるはずです。
                (ちなみに、ホームページについては当事務所へもご相談は可能です。)

                ○目的意識

                パソコンを勉強してから。というのはあまりいい傾向ではありません。
                目的意識をもって使ううちに自然と身につくことも多いです。
                パソコンは習うより慣れろとよく言われるのはそこに意味があります。
                (もちろん、基礎的な講習などに行くことを否定するわけではありません。
                目的意識をもって講習に行くのと行かないのでは大きな差が出る
                ということです)

                ※最後に、パソコンを使う場合は、必ずデータは外部媒体に
                 バックアップしましょう。
                 万が一パソコンが壊れた場合には、バックアップがないと大変です。

                次回は、「構想と開業準備の違い」です。
                | 起業 | 08:30 | comments(0) | - | - | - |