SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

個人事業トータルサポート

自分らしさを生かして個人での起業、既存事業者の新規事業立ち上げから運営まで、
漠然としている思いを実現に向けてトータルにサポートします。
<< HP作成-1-お客様の視点で | main | HP作成-3-HPの運用その1 >>
HP作成-2-作るのは奥が深い
0
    インターネットの世界では、日進月歩で新しい技術が開発されWebページ上
    でも活用されています。
    では、それらの技術をすべて取り入れば売り上げがあがるんでしょうか?
    答えはNOです。かっこいいHPやすごいHPイコール売り上げに貢献するHPでは
    ないのが実情です。

    ○デザインと内容

    HPを作成する上で、考えなければならない大きな柱は「デザイン」と「内容」に分かれます。もちろん、最終的には両者の調和がとれていないといけないですが、ただやみくもに作り始めても時間を浪費するだけです。

    「デザイン」
    ここで重要なのは、「ターゲット」です。
    ・広く一般向け
    ・個人向け/業者向け
    ・男性/女性
    ・年代
    ・主婦向け(子供のいる/いない)
    ・地域
    等々、自分の商材にあういろんなキーワードを組み合わせたターゲットに
    なると思います。
    そのターゲット層が見て安心感や親近感などが湧いてくるものでなければ
    なりません。

    まずは、トップページのイメージを手書きでもいいので書いてみましょう。
    (もちろんトップページでなく、商品紹介ページなどでもOKです。)
    意外と頭の中のイメージと合っていない場合もあります。どこがいけないのか何がイメージと違うのかに注意しつつ修正していきます。

    「内容」
    一般的な個人事業などの販売あるいはサービス提供のHPでは、原則として以下の内容が必ずあります。
    ・トップページ(新着情報など)
    ・商品(サービス)紹介ページ
    ・利用案内
    ・特定商取引に関する法律に基づく表示
    ・プライバシーポリシー
    ・販売者(提供者)概要(自己紹介)
    最低限上記のページは用意しなければなりませんが、当初はこれだけでも
    スタートさせることができます。

    これらを公開する場合にはWebサーバにアップロードしなければなりませんからファイルの構成(実際のファイル名)もあわせて決めておかなければなりません。

    『基本的なファイル構成例』

    | index.html(トップページ)
    | item.html(商品(サービス)紹介ページ)
    | guidance.html(利用案内)
    | tokusyo.html(特定商取引に関する法律に基づく表示)
    | policy.html(プライバシーポリシー)
    | infomation.html(販売者(提供者)概要(自己紹介))
    ├─ imgフォルダ(画像ファイル格納用フォルダ)
    ├─ cssフォルダ(スタイルシートファイル格納用フォルダ)
    └─ jsフォルダ(JavaScriptファイル格納用フォルダ)

     ※HTMLやスタイルシート、JavaScriptなどの説明はここでは行いません。
      各Webサイトや書籍に詳しいものがたくさんありますし、ここでは説明
      しきれませんので。
     ※特定商取引に関する法律に基づく表示やプライバシーポリシーの内容
      についてはいずれ詳しく記載します。
     もちろん上記の個別でのご相談には乗りますのでその際はメールいただければと 思います。

    この構成も手書きでかまいませんからメモ書きしておきます。

    このデザインと内容が出揃いましたら、実際に作成に入ります。
    ただ、いきなり完璧なHPを目指す必要はありません。あまりに完璧を期すと
    予想外に時間がすぎてしまい全体スケジュールへも影響がでます。
    以前記載したガントチャート上にHP作成スケジュールを入れて日程管理も
    怠らないようにしなければなりません。

    ○自作か外注か

    ここまでは、基本的に自作に偏った記載になっていますが、もちろん
    時間的なことや、どうしてもHP作成が性に合わない、やっぱりデザインは
    プロに任せたいような場合には、外注を考えます。

    現在はいろいろな事業者がWebデザインを手がけています。
    その業者の強い分野というのもありますから、メールなどで実際にコンタクトをとってみたほうが、その業者の対応も見れますから有効です。
    もちろんその際に金額(見積もり)、保守内容を問い合わせることも必須です。
    著作権の帰属についても忘れないで確認しましょう。

    ただ漠然(すべておまかせ)と外注するのではなく、前述のデザインと内容が
    ある程度決まっていることによって業者との交渉もスムーズにすすみます。

    また、デザインのみ内容のみと分けて外注する手もあります。
    記載内容は自分で賄えるけど、デザインは難しいとか、デザインは自力で
    やりたいけど、記載内容の検討は自分だけでは心もとないというような場合
    です。
    ここは業者との交渉次第になりますが、今後も付き合っていけるような
    業者を探すつもりで交渉することが大事と考えます。

    次回は、「HP作成-3-HPの運用」です。
    | 起業 | 07:32 | comments(0) | - | - | - |