SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

個人事業トータルサポート

自分らしさを生かして個人での起業、既存事業者の新規事業立ち上げから運営まで、
漠然としている思いを実現に向けてトータルにサポートします。
<< アピールできるプロフィール? | main | 外注の仕方 >>
隙間商売なの?
0
    ○お客様の心理を読む

    以前、「5W1H」については触れましたが、その中で「Why」が
    重要と書きました。

    事業計画(ビジネスプラン)を練っていく上ではいかにして売り上げ
    をあげるか(儲けるか)ということばかりに考えが集中しがちです。

    ・いわゆるウリを考える。
    ・とにかくこだわり。
    ・隙間(ニッチ)。

    もちろん、それも大事なのですが、一方向からだけ考えるのではなく、
    他の視点を含める必要があるはずです。

    サービスだろうが商品だろうが基本的に自分が欲しいと感じない
    ようなものはNGです。

    How(どうやって売るか?)というレベルではなく、
    Why(なぜ売る必要があるのか?なぜその商品が今求められるのか?)
    というレベルで考えることです。

    言い換えれば、顧客の満足度をいかに上げるかということです。
    結果的に、個人事業でできる範囲と顧客満足度を高めるという要素
    を考慮していくと、隙間的(ニッチ)な商売になっていくのが本来の
    流れなのかと考えます。
    最初から、隙間を考えていてもうまくたどり着けないか、
    時間がかかってしまうと思います。

    例えば、当初はまたは恒久的にネット販売だという場合もあると
    思いますが、その場合には、お客様は手にとって見ることは
    できないし、実際に話をすることもないという前提があります。
    その場合でもいかにお客様の満足感を高められるか、という視点が
    必要なわけです。

    ○マーケティングを考える

    「マーケティング」と一言でいってもその概念は広いです。
    例えば、販売したい商品のルーツをさぐり、どんなこだわりで
    商品化されたのか?
    をさぐることでもマーケティングになるわけです。
    本屋さんに行けば、マーケティング関連の本はコーナー化されている
    ようなところもあります。

    参考:マーケティング用語集
    http://www.mitsue.co.jp/case/glossary/m_index.html

    もちろん、手にとって何冊か読まれてもいいと思います。
    自分でこれはと思う手法を発見したら、どんどんチャレンジ
    していく姿勢でいいと思います。費用がかかるものから、
    低予算でできるものまで多種多様にあります。

    見込み顧客からの反応を受け取れるような手法がベスト
    いくら本を読んでもお客様のストレートな意見を吸い上げるのは無理です。
    何らかの手法(これが難しいところですが…)で意見を集約できれば
    それに見合った商品やサービスを提供できますし、それを踏まえた
    提案を行うこともできます。

    あくまでもターゲットとなるお客様の心理に合致し、対価を支払って
    いただける方法を模索するというスタンスです。
    ここは自分の価値観だけでなく、家族、パートナーの価値観を
    聞いてみる作業をしたほうが効果的かもしれません。

    次回は、「外注の仕方」です。
    | 起業 | 18:40 | comments(0) | - | - | - |