SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

個人事業トータルサポート

自分らしさを生かして個人での起業、既存事業者の新規事業立ち上げから運営まで、
漠然としている思いを実現に向けてトータルにサポートします。
<< 構想編:情報収集の一考察(前編) | main | 構想編(7):パートナーの必要性と人選 >>
構想編(6):情報収集の一考察(後編)
0
    現在は個人事業にはなくてはならないツールといってもいいかもしれない
    インターネットを利用した情報収集について少し掘り下げてみます。

    ○ページ検索

    おなじみのYahooやGoogleなどの検索サイトを利用したものです。
    例えば、「個人事業」というキーワードでGoogle検索をすると、
    今日時点で13,500,000件という結果になります。
    もちろん、キーワードを追加して絞込みをかけるのが一般的ですが、
    それでも例えば数百件レベルであっても、自分に有用な情報を
    取得するのは大変な作業です。

    対策としては、ベースの情報取得用のホームページをなるべく
    探すのも手です。
    定期的にそのホームページを参照して、必要そうなものは
    そのキーワードを利用して検索してみます。
    そしてそれをどこかにメモする(PC上でもいいですし、手帳でも)。

    ブックマークもいいのですが、量が増えてしまったり
    ページタイトルとかで保存してしまうとあとでわからなくなる
    危険性がありますので注意が必要です。

    ○メールマガジン

    メルマガ何誌購読していますか?
    私はざっと数えて100は超えているようです
    (正確には把握できていません…)。
    もちろん、これらが毎日配信されるわけではないですから、
    意外と整理は苦になりません。
    ただ、毎日の整理時間をとらないとたまるいっぽうになりますが…。

    最大の利点は基本的に無料であること(有料のものもあります)です。
    これだけの情報量をタダでというのはなかなかないです。
    各発行スタンドでジャンルわけがされているので見たいジャンル
    のものを探すのにあまり苦労しないです。
    そのうちお話しますが、自分でメルマガを発行する場合の
    参考にもなります。

    欠点は、突然休刊になる場合もある。ぐらいでしょうか。

    「メーラーのメッセージルール機能をフル活用」
    お使いのメールソフト(OutlookExpressやBecky!等)には、
    メッセージルールという機能があります。
    機能については詳しくは書きませんが、メールの宛先や件名などで
    振り分けができます。
    これはメールマガジンの振り分けに限ったことではありませんが、
    有効に活用したいところです。

    ○セミナー

    インターネット上で収集できる情報としては各種のセミナーの
    案内があります。無料/有料いろいろありますが、興味があるものが
    あれば参加してみてもいいです。
    とかく個人事業は孤独な作業になりがちなので、気分転換の
    意味も含めてですね。

    注意点
    これらの作業はやりだすとキリがない上に、情報は流動的ですので
    特定の日にあまり長時間行うとかえって非効率です。
    毎日少しずつ取得→整理の繰り返しを行う作業を習慣化するのが
    一番と考えます。
    方法は自分に見合った方法になると思いますが、私の場合には
    毎日時間のあるときにその時点のメールをざっとみて興味ある
    情報やキーワードを抜きとってメモしています
    (テキストエディタとかで)。後日(週末とかに)それを整理する
    ようにしています。

    これだけ情報収集しているのに目当ての情報が見つからない
    なんて場合には実はまだだれも考えていない未開拓の領域
    なのかもしれません。
    逆に、いくらでも出てきてしまう場合には現在考えている
    事業内容にアレンジが必要なのかもしれません。
    そういう観点でも情報収集ってできます。

    とにもかくにも、情報収集に関しては実践あるのみです。

    インターネットがこれだけ普及したのはここ15年ぐらいです。
    少なくとも私が学生のころはあまり身近ではなかったです。
    当初はもちろんダイアルアップですからネットを使っていると
    固定電話が使えないわけです(携帯もまだ普及してない)。
    よくそれで揉めてました^^。

    次回は、「構想編(7):パートナーの必要性と人選」です。
    | 起業 | 00:06 | comments(0) | - | - | - |