SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

個人事業トータルサポート

自分らしさを生かして個人での起業、既存事業者の新規事業立ち上げから運営まで、
漠然としている思いを実現に向けてトータルにサポートします。
<< ところで商材は? | main | 構想編(6):情報収集の一考察(後編) >>
構想編:情報収集の一考察(前編)
0
    情報収集の重要さは言うまでもありません。
    しかし、その情報収集をいかに効率的に行い、自分に吸収していくか
    という課題があります。
    これは何も構想段階にとどまるものではないです。、開業後でも行って
    いかなければなりませんから自分自身に合う方法を考えなければ
    なりません。
    以下はその一助になれば。

    ○普段の生活での情報収集

    普段の生活の中での情報収集のカテゴリを以下のように分けてみます。

    −媒体
     ・新聞、雑誌
      →王道ですね。
     ・テレビ
      →王道ですが、記録するのに不便な面もあります。
     ・書籍
      →タイムリーな情報に弱い面があります。
     ・広告
      →極端に言えば電車の中吊りや、クーポン雑誌など。
     ・口コミ
      →意外と侮れません。
     ・インターネット(※)

     ※インターネットについては、次回の後編で別途記載します。

    −内容
     ・事業自体へのヒント
      →こういう手法もあるとか、こういう組み合わせで商売に
    なっているのか等のヒント。
     ・流行の動向
      →現在および将来的には、これが流行しそうだなどのタイムリーな情報
     ・法制度の動向
      →最近ですと、商法の改正、会社法の新設などですが、規制緩和/強化
       なども毎年行われています。定期的に情報を仕入れられるようにして
       おく必要があります。

    −方法
     ・スクラップ
      →簡単ですが、あとあと整理が大変になることもあります。
     ・メモ帳
      →とにかく、気付いたことをメモする。できれば自分の寸評の
    ようなものも入れておく。その後、このメモを必ず整理する。

    ○インプットとアウトプット

    メモ書きがインプットだとすれば情報整理はアウトプットということ
    になります。さらに、整理された情報をインプットし、事業のほうで
    活用するのがまたアウトプットです。情報収集はこれの繰り返しです。

    ただ、前述の媒体によってもよらなくても今はいくらでも情報収集
    可能です。情報過多になってしまって、アウトプット作業に支障が
    でて、結局自分に有用な情報を見逃すことは避けたいところです。

    ここでデータマイニングという考え方があります。
    データマイニングとは、蓄積された大量のデータからビジネスに
    活用できる有用な情報を取り出す技術のことといわれています。
    データマイニング自体はデータ処理の高度な技術のことと言われ
    ますから、これを用いようということではなく、情報収集時の
    考え方としてもっておく必要があるということです。

    これをつきつめれば、一定の情報を抽出してもらいそれを買う
    ということも場合によっては必要です。時間もコストと考えれば、
    その分を他にまわすことができます。

    ○モチベーションの維持とメモ帳携行のすすめ

    情報収集はモチベーションの維持にも一役買ってくれます。

    個人事業をはじめようとする上では、このモチベーションの維持は大きな
    課題です。普段の生活がありますから、ともすればそちらに流されがちに
    なる危険性はいつでもあります。
    (もちろん、専業でという場合にはそんなことは言っていられないという
    ことになると思いますが…。)
    絶えず情報を収集することでその危険を回避できるわけです。

    どこから手をつけていいかわかならいという場合には、まずはメモ帳
    を携行してみてください。電車でも、極端な話トイレでも。リスクも
    思いついたら忘れずにメモします。

    メモですので数日間ネタを寝かせるのも可能です(あとで見返すと
    また違った発想になるかもしれません)。

    私は、基本的にアナログ派なので今でも手帳は紙のものです。
    毎年差し替えています。
    PDAとか携帯の機能も便利だとはわかっているんですけど、
    これだけは譲れないんです。

    次回は、「情報収集の一考察(後編)」です。
    | 起業 | 10:58 | comments(0) | - | - | - |