SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

個人事業トータルサポート

自分らしさを生かして個人での起業、既存事業者の新規事業立ち上げから運営まで、
漠然としている思いを実現に向けてトータルにサポートします。
<< ロードマップを漠然としたものから具体的なものへ | main | ところで商材は? >>
楽しくなければ続かない。
0
    個人事業をはじめるにあたり、ネット上/実店舗にかかわらず
    フランチャイズや代理店を検討するケースもあると思います。

    もちろん、近道ではあります。
    フランチャイズや、代理店を募集している企業(一般に大企業)は、
    過去の実績、経験の蓄積があり、それをもとにしてノウハウの
    マニュアル化を行っているところが大多数です。
    立地、地域性、客層などにもとづいた出店計画、収支計画、
    実際の仕入れから販促等々、個人レベルでは真似のできない
    ことばかりです。

    フランチャイズと代理店は契約内容的にも違うものですが、
    ある程度の独自性の制限や、加盟金、ロイヤリティーなどを
    支払うのは共通です。
    トレードオフとして、独占的に販売する権利や店舗運営の
    指導などが受けられることになります。

    ただ、コンビニ経営や保険の代理店などが楽しいという話は
    なぜかあまり聞きません。
    コンビニの話を例にとると、事前資金、店舗運営での自らの
    労働力提供、ロイヤリティの支払い、バイト人件費、利益も
    保証されない…等々、採算上厳しい環境に置かれるの
    は確かなようです。
    (中途解約には違約金が発生する契約もあるそうです)

    ついこのあいだまであったコンビニがなくなっていた…
    なんて話は最近よくあると思います。

    もちろん、全てがというわけではないと思います。
    ただ、これらのことは想定内のリスクとしては必ずあるものです。
    (厳しい経営環境でがんばっておられる方も大勢いらっしゃいます。)

    「早く儲ける。」「稼ぎたい。」これは事業をする人であれば
    だれでも考えます。
    そこに「でも楽しく。」を付け加えて考えてみます。
    所詮人の敷いたレール?では楽しさは半減してしまうのでは
    ないでしょうか?

    フランチャイズや代理店では、
    「事業主の独自性やアイデアの実現性に限界がある」
    ここに問題点が集約されてしまうのではないでしょうか。

    例えば、雑貨ショップを開業するとします。
    自分の気に入らない商品を販売するでしょうか?
    アンティークの商品販売の人が新品を販売するでしょうか?
    海外の商品を苦労して仕入れている人が国内の既製品を
    販売するでしょうか?

    自分が好きだからもっとユーザを増やしたい。
    自分が好きだからもっとユーザに好まれるものを提供したい。
    お客とのコミュニケーションも大事にしたい。
    結果として儲かる。
    そんな単純なことでいいんです。これが「楽しい」の根源です。
    注意点としては趣味の段階では楽しかったが、事業化したら
    楽しくなくなった。とならないようにすることでしょうか…。

    自ら事業をはじめようとするのに、人に設定された目標を
    目指すというのは、おかしい話だと思うのです。
    目標設定のためのアドバイスや実現のためのパートナーは
    必要ですが、最終的に、方針の決定権は自分にあることが
    楽しいのではないかと思います。

    次回は、「ところで商材は?」です。
    | 起業 | 01:13 | comments(0) | - | - | - |